2017年11月13日 (月)

内部造作工事・外壁工事

現在建築中の現場作業が、順調に進んでいます。

進捗状況を見てください。

 

天井材であるボードを取りつけるための下地(野縁)を組み上げた所

です。構造材である梁等から、吊り木と呼ばれるもので取りつけられ
 
ます。この作業による精度によって、天井に貼るクロスのひび割れに
 
も影響してくる決して手を抜けるような簡単な作業ではありません。
 
Img_4797
 
当社の床はネダレスの24mm構造用合板による施工です。
 
その上から12mmの床材(フロアー材)を敷き詰めて行きます。
 
上に見えている穴は、点検口を取りつける箇所です。
 
Img_4777
 
こちらはリビングの床で、床暖房を取りつけています。
 
Img_4783
 
 
Img_4779
 
階段も取り付きました。現在では、階段の側板の後ろに、防火の関係
 
で断熱ボードを挟み込んでいます。
 
Img_0003
 
Img_0006
 
電気配線の様子です。これ程きれいに配線の取り付けを行っている
 
業者は無いのではないかと、自負している作業工程です。でも、建っ
 
てしまった後では見ることはできませんが。
 
Img_0009
 
Img_4790 
 
2階トイレの給排水設備工事の様子です。
 
Img_4802
 
ベランダ防水工事(FRP防水)の様子です。立ち上がり高さにも
 
注意して施工します。
 
Img_7607
 
外壁下地のボードを取りつけています。当社のボードは耐力壁として
 
耐力面材と呼ばれる地震、火災に強い物を取り入れ、使用しています。
 
Img_7633
 
耐力面材の上に防湿シートを張り付け、雨の侵入を防ぎます。
 
Img_7483
 
外壁であるサイディングを取りつけます。当社では、通気層を設け壁内 
 
の湿気を外部に放出する、外壁通気工法と呼ばれる仕様を取り入れて
 
います。家の隅々まで空気が行き渡る様、屋根・外壁に通気層を設け、
 
住宅の耐久性や冷暖房効率を高めます。
 
Img_4820
 
サイディングは板状の物で長さは3m程であり、3m程のジョイントで張り
 
付けを行って行きます。その際のジョイント部分にコーキングを充填する
 
ことで、防水性を高めて建物内部に雨水や湿気などが浸透しない様にさ
 
せ、建物を守ってくれます。
 
下の写真の場所は端部であり、長さをカットしています。
 
Img_0002
 
少し見にくいですが、屋根(カラーベスト)も葺きあがっています。
 
Img_7491_2 
 
 
 
    
 

2017年11月 1日 (水)

中間検査

 
建築確認検査機構による中間検査を受けました。
 
中間検査とは、建築物の構造の安全性を前もって確認するために工事
 
着手後、指定した工程(特定工程)が終了した段階で受ける検査です。
 
今回の対象となる特定工程とは、土台、柱、梁 及び筋かいを金物に 
 
よって接合する工事です。
 
Img_7655
 
 
柱と筋かいを接合する金物
 
Img_7654
 
梁と梁、梁と柱を接合する金物
 
Img_7628
 
土台と柱を接合する金物
 
Img_7652
 
 
Img_7602
 
これは制震ダンパーで考え方は、地震エネルギーを吸収し揺れを「制御する」
 
地震対策です。
 
耐震等級などの元になる考え方の、金物での部材の接合は家自体の強度を
 
高めて、揺れに「耐える」地震対策です。
 
「制御する」「耐える」の組み合わせにより 「耐震」 + 「制震」で人命の安全
 
だけではなく、住宅の価値も守るワンランク上の制震システムを目指します。
 
 
Img_7581_2
 
Img_7573_2
 
Img_7577_2
 
 
 
 
 

2017年10月25日 (水)

社員旅行 ~憧れの フランクロイドライト~ 

今年の社員旅行は思いがけず、かねてより行ってみたかった、国宝犬山城と

明治村に行くことが出来ました。 

出発する時は雨模様でしたが、名古屋に到着した時にはすっかり雨はやんで
 
さい先良い予感がした旅行でした。
 
国宝犬山城は、高さは約19mで1537年に織田信康(織田信長の叔父)によって
 
築城され、国宝に指定された5城の内の一つです。
 
天守は現存する日本最古の様式だそうです。
 
Img_7497
 
築城当時の木材が多く残っており、歩いていても床がミシミシと鳴り、隙間からは
 
下が階が見える様な、歴史を感じさせられる造りでした。
 
Photo_8
 
石垣は野面積み(のずらずみ)と呼ばれる、技術的には初期の石積法で、自然
 
石をそのまま積み上げる方法です。
 
他では見るこの出来ない、本当に歴史を感じる当時の職人の仕事を、目の当た
 
りにしました。
 
Photo_2
 
憧れの、是非見たい、触れたいと思っていた、フランク・ロイド・ライトの建物に
 
会うことが出来ました。
 
20世紀を代表する建築界の巨匠、フランク・ロイド・ライトによって設計され大正
 
12年に完成した帝国ホテルの中央玄関です。
 
Img_75101
 
大谷石を幾何学模様に彫刻を施した、やわらかで重厚で複雑な外観、今の技
 
術でも作る事は可能だと思いますが、当時の技術者の技と心意気を感じる本
 
当に素晴らしい建物でした。この建物だけで30分以上見て回り、他の建物を
 
見て回るのに時間が足りず、泣く泣く明治村を後にしました。
 
Photo_3
 
 
Photo_4
 
 
Photo_5
 
見学をしていた白亜の聖ザビエル天守堂で、美しいステンドグラスより入る、落
 
ち着いた美しい光の中で、 若い二人の結婚式が行われていました。
 
おしあわせにsign03
 
Photo_7
 
今回の社員旅行は、私にとって本当に楽しく、あっと言う間に時間が過ぎてい
 
った旅行でした。来年も、又旅行に参加できるよう頑張りたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 

2017年10月11日 (水)

耐震改修工事 (筋かい取り付け工事)

 

「壁」の補強
 
耐力壁の量を増やすと建物は丈夫になります。
 
開口部が多く壁の少ない面や、筋かい等が入ってない弱い
 
壁が多い住宅では、地震により倒壊することが有ります。
 
このような場合は、新たな壁を増設したり、既存の壁を、筋
 
かいなどで強くすることによって耐震性を向上することが出
 
来ます。
 
今回は、押し入れの壁に筋かいを入れることにより強い壁と 
 
する事が出来ました。
 
Img_7319_5
 
柱と梁の交差した部分に筋かいを取り付け、金物で補強してい
 
ます。
 
Img_7322
 
 
Img_7325_2
 
こちらは、柱と土台の交差した場所に取り付けています。
 
Img_7327
 
今回、屋根の軽量化と壁の補強で、耐震力を高め、市の耐震
 
改修工事の補助金を利用できました。
 
負担を軽減でき、安心して住んでいただける家の改修工事で
 
す。
 
気になる方、ぜひをかけてください。
 
Img_7274_5
 
Img_7276_3
 
Img_7277
 
今回、耐震改修工事と合わせて外壁の塗装も行いました。
 
構造的にも外観も、美しく生まれ変わりました。
 
これからも、長く大事に住んで頂けると思います。
 
 
 
 

2017年10月10日 (火)

快晴 棟上げ

 
快晴、秋晴れの中、棟上げを執り行いました。
 
Img_7329
 
全面道路は広いのですが、電線が高い位置にあり材料を搬入
 
するのにレッカー車を利用しても大変な作業でした。
 
Imgp1316
 
 
Img_7352
 
大工さんは、高い所での作業に慣れているとは言っても、見てい
 
こちらはひやひやしますが、フットワーク軽く迅速な作業でみるみ
 
る間に仕上げていきます。
 
Img_7362
 
 
Img_7368
 
今回も、順調に棟上げが完了いたしました。
 
この家は、若い二人の思い、希望の詰まった家です。
 
喜んでいただける様、引き渡しまで気を引き締めて作業に
 
取り組んで行こうと思います。
 

2017年9月22日 (金)

耐震改修工事 (屋根工事)

 
「屋根」の軽量化
 
屋根の軽量化により耐震性が向上します。
 
重たい屋根は、地震の揺れを受けると振り子の様に大きく揺れ、
 
建物を倒壊させる恐れがあります。軽い屋根に変えることで、耐
 
震生を高めることが可能です。
 
既存の日本瓦です。車が何台分も乗っている様な重さです。
 
Dscf0366
 
日本瓦を解体、撤去します。
 
Dscf0371
 
Dscf0388
 
瓦の撤去後、野地板(下地に使用する構造用合板)を張り替えます。
 
Dscf0437
 
ルーフィング(防水シート)を重ねて貼ります。
 
Dscf0446_2
 
軽量の瓦を貼り、屋根の軽量化工事は完了です。
 
Dscf0492_2
 
Dscf0497
 
 

2017年9月20日 (水)

基礎工事完了

 
基礎型枠に流し込んだコンクリートが乾くのを待ち、型枠を
 
取り外しました。
 
仕上がりは、いつもの様に満足の出来るものです。
 
Img_7225
 
Img_7226
 
コンクリートの打設面です。
 
一つの芸術品を作り上げたような、喜びが湧き出てくるような
 
瞬間です。 建築基礎ひとつであっても、この仕上がりを求める
 
為の作業は経験と熟練、そして職人のプライドだと思います。
 
是非、この仕上がりを見てもらいたいものです。
 
Img_7238
 
Img_7239
 
 
 
Img_7236
 
上棟に向けてこれから準備を進めていきます。
 
大工さんの登場。忙しくなっていきます。
 
Img_7235

2017年9月11日 (月)

耐震改修工事着手

耐震改修工事に着手しました。

 
昭和56年以前に建築された建物であり、耐震診断を行い
 
耐震設計を行った上で市よりの補助金を得て工事を行うも
 
のです。 今回の工事内容は、筋交いを追加して構造的に
 
強度を高め、且つ屋根を軽い瓦に葺き替えることによって
 
建物の地震に対する強度を高めて行きます。
 
 
Img_7154
 
 
Img_7157
 
市よりの補助金を活用して、家の強度を高め地震にも不安
 
の無い建物にしていきます。
 
この制度をもっと広く知って頂き、地震からの不安を無くせる
 
様なお手伝いをしていきたいと思います。

ベタ基礎工事 2

 
鉄筋を配置した底版部分に、150mmの厚みでコンクリートを打設します。
 
Img_7136
 
 
Img_7146
 
基礎縦壁を、鉄筋を挟み込むように型枠を取りつけていきます。
 
Img_7164  
 
型枠の中にコンクリートを流し込み、乾くのを待ちます。
 
中5日乾かした後、型枠を撤去します。
 
Img_7178
 
 
Img_7179

ベタ基礎工事 1

 
ベタ基礎工事に取り掛かりました。
 
内容はL型擁壁の工事工程とほぼ同じです。
 
基礎下地作成の為、砕石を敷き詰め、転圧締固めた後、湿気を
 
上がらなくするように防湿フィルムにて覆います。その上から、捨
 
てコンクリートを打設し、下地の完成です。
 
Img_6980
 
Img_6991_4
 
 
 
Img_6997_3
 
Img_6998_2
 
下地が乾いた後、型枠を基礎形状に合わせて建て込めます。
 
Img_7011_2
 
Img_7014
 
鉄筋を配筋していきます。図面をもとにコンクリートとのかぶり厚、
 
鉄筋の径(太さ)、鉄筋の配置する間隔等熱い中、大変な作業です。
 
Img_7021
 
Img_7022
 
鉄筋が組みあがった後、図面通りにできているかを、資格を持った
 
検査員による検査を受け、合格したのち、コンクリートを打設する
 
次の工程に進んでいきます。
 
 
 

«L型擁壁・深基礎工事 3